7月は~

ハワイかぁ~

サイパンかぁ~

バリかぁ~

グァムかぁ~

どこに行くんだ~?

 

 

 

 

 

 

ウラジオストク!?

南国ちゃうんかい!

というわけでロシアに行くことが決定!

松本XLです(‘ω’)ノ

ウラジオストクは日本から最も近いヨーロッパと言われているみたいですね。

どうやら治安も良いようです。

ですが、念には念をで7月までに『右フック』の威力をあげていきます。

日本語はもちろん英語も通用しないらしい。

「英語通じないんかぁ…。」

困った顔をしてみましたが、英語喋れません。

「まぁ。この『右フック』があるから大丈夫やろ。」

 

気が付けば海外旅行も10回目。

少しは免疫がついた。

 

初めての海外はハワイ。

僕は入国時、税関で止められた。

別室に連れていかれる。

ええ部屋やな笑。

初海外に浮かれた僕。

警備員風な男は英語で怒っている!

めちゃくちゃ怒っている!


 

 

「日本語で喋れや!こっちは金払ってるんやぞ!」

僕は怒られると怒る体質なのだ!

「ウキー!ウキッ!ウキッ!」

「そんな態度じゃ強制送還されるわよ!」

日本語が喋れるお姉さんが部屋に入ってきた。

「強制送還?それは困る。」

「じゃあ落ち着いて。」

「うん。この人何て言うてんの?めっちゃ怒ってるけど笑。」

「お前はマフィアだろ?目つきが悪い!全身に刺青!お前はマフィアだ!何の取引で来た?

日本でも職務質問はちょいちょい受ける。

僕は職務質問対応のプロだ!

「お姉さん!『コイツは目つきが悪いだけで良いヤツやから大丈夫』って言うて!はやく!」

「OK!」

「アイラブ ハワイ!ユー ハンサム!ナイス!」

警備員風な男にありったけの愛を伝える。

「静かにして笑。」

別室に連れていかれて1時間半。

お姉さんの活躍のおかげで入国許可がでた。

「入国って思ったより大変なんやな。」

「フフフ。あなたは特別よ笑。」

(何だコイツ…。 抱かれたいのか?)

 

あの経験を活かし、税関では気を付けている。

『長袖を着て笑顔で』

一撃で通る。

そう、一撃だ。

 

ウラジオストクはどんな旅になるだろうか?

もちろん税関は一撃で通る。

そう、一撃だ。

日の丸を背負い、ウラジオストクの街を歩く…。

右手にはピロシキを! 左手にはウォッカを!

…右足にはボルシチを! 左…

ダメだ!想像ができない!

まさかロシアに行くことになるとは。

何が起こるか分からない。

人生は面白い。







自問自答日記ランキング

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村