if もしも松本XLが〇〇だったら… お惣菜



大都会大阪の咲く1輪の花、松本XLです(‘ω’)ノ

『if  もしも松本XLが〇〇だったら…』第2話です!

友人に先日のラーメン屋の話を読ませたところ

「意味が分からん笑!」

と怒られました。

ブルーな気持ちと共にスタートです。

 

私はスーパーのお惣菜コーナーで働くオッサン松本XL。

もうすぐ8時。

皆が楽しみにしている『半額シール』の時間。

このシール貼りに生きがいと喜びを感じている。

 

ペタッ

客「何するんですかっ!?」

松「8時を過ぎましたので。」

客「何で私の額に貼るんですか?」

松「シワがスゴイんで。」

客「失礼なヤツやな! 半額?」

松「8時過ぎましたので。」

客「私半額ですか?」

松「もっと自分に自信持ってください!」

客「お前が貼ったんやろがっ!」

 

 

おわり

 

《あとがき》

「もし、半額シールを貼られたらどう対応しよう。」

そんな不安を抱えて生きてきたからこそできた日記です。

日記かこれ笑?

何やこれ笑?

俺何してるんやろ笑。

 

松「…。もうええよ。」

豚「えっ?」


にほんブログ村 その他ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

もうすぐ40歳を迎える私松本XL。 顔デカ短足猫『豚まん』やその他のブログを更新しています。 猫、新宮弁LINEスタンプなど配信中!