それでは【実録!人生の天国と地獄 第16話】スタート!!

前回までのあらすじ

9年務めた会社が存続の危機に!

主人公『松本XL』にすべての責任を押し付ける社長『貝柱』。

減給され、リストラの危機が迫る。

このまま人生が終わるのか!と思われたが…。

かつての部下『梅宮』と共に、社長『貝柱』引退計画を立て、見事打ち倒す!

オーナー『竹ノ内』が代表取締に就任し、新会社を立ち上げる中、

貝柱の横領が発覚!

彼は壊れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

5月

松「うわぁ。めっちゃ象やん。」

男2人旅。

場所はタイ・バンコク。

何故、男2人で象の背中に乗らなければいけないのか…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅「うおっつ!!めちゃ高いやんっ!」

想像以上の高さとバランスの悪さに恐怖し、金玉が体内にめり込む!

 

死闘を終えた俺と梅宮は、約束の場所タイで傷を癒している。

貝柱の悪事はその後も発覚したが、

彼の家族のことを考え、警察沙汰にはならなかった。

クビという『制裁』をすでに受けているので、トドメは刺さないことに。

竹ノ内は優しく器のデカい男だ。

 

 

 

 

 

 

梅「そろそろ始めますか。」

松「ですな。」

 

『人生最大の戦い』を共にした梅宮と、全てにおいて対等な契り、兄弟盃を交わす。

 

梅「これで俺らは兄弟ですよ。」

松「よろしく頼むよ。」

 

NEW兄貴の『竹ノ内』。

貝柱に引かれた給料分を全額渡してくれた恩人。

 

兄弟『梅宮』。

彼がいなければ、義を重んじる男でなければ今は無い。

 

例え、先にどんな結末が待っていたとしても、この2人と共にする未来に悔いはないだろう。

 

 

 

 

 

 

プールでひと泳ぎし、プカプカと水に浮きながら、空を眺める。

「兄弟。」

昔、俺をそう呼んだいた男がいた。

 

貝「兄弟!」

松「何すか?」

貝「俺ら兄弟はこのまま終わらへんでー!」

 

何時から貝柱は金に走ったのだろうか?

 

何時から…。

 

 

つづく

 

明日 遂に完結!

 

 

 

 

 

新LINEスタンプ【スィーツ屋マンチ】発売中!


 

 

 

 

 







自問自答日記ランキング

にほんブログ村 その他ブログへ
にほん