実録!人生の天国と地獄 最終話



それでは【実録!人生の天国と地獄 最終話】スタート!!

前回までのあらすじ

9年務めた会社が存続の危機に!

主人公『松本XL』にすべての責任を押し付ける社長『貝柱』。

減給され、リストラの危機が迫る。

このまま人生が終わるのか!と思われたが…。

かつての部下『梅宮』と共に、社長『貝柱』引退計画を立て、見事打ち倒す!

そして

10年前

 

ジュー

松「できたー。」

豚肉を2人分焼く。

貝「ありがとう!」

バイト先で出会った貝柱とは3年の付き合いで、ほぼ毎日のように何をするでもなくツルんでいた。

松「もう1年も仕事してないし、このまま人生終わるんかな…。」

貝「…。」

2人はプー太郎が1年も続き、焦りと不安と共に生きていた。

 

そんなある日

 

プルルルル

松「どうしたんスか?」

貝「これから会社起こすんやけど、松ちゃんも一緒に働かへんか?俺と1旗あげて金持ちなろうや?」

松「まぁ、いいすよ。」

貝「最初は給料全然渡されへんけど、2人で金持ちなろうぜ!」

松「はぁ。」

 

数日後

オーナー竹ノ内を紹介され3人でスタートをきる。

そして、初任給の日を迎える。

貝「何かこうやってお前に給料渡すの恥ずかしいな笑。」

松「5万円でも嬉しいですよ笑。」

貝「いつか、これが何百万になるからな笑!」

松「やりますよー!」

 

数ヶ月の間、数万円の給料が続き、貯金も底がつきそうになっていた。

それでもあの頃は楽しかった。

夢があった。

 

いったい何時から貝柱は金に走ったのか?

 

 

タイから帰国後

松「最初5万円で働いてて、辞めるってなった時は…」

竹「ちょっと待って。5万円って何?」

松「給料ですよ。」

竹「そんなん生活できんやん!俺は2人とも25万円で貝柱に渡してたで。」

松「…あぁ。」

 

 

何だ  最初からか

 

 

 

 

Special Thanks

takenouchi

umemiya

Gsan

 


にほんブログ村 その他ブログへ

2 件のコメント

  • うおおおおおおおおおおおおおおお

    号泣

    お疲れ様でした

    うおおおおおおおお

    Gsanって

    最初から読み返したけど

    ゴキブリがどっか出てくるのかなぁ?って読み返したけど

    どう考えても私のことじゃないっすか(泣)

    おそらく

    いや間違いなく『このブログを世界一楽しみにしていた男』であることは間違いないですが

    こんなステキなSpecial Thanksはありません

    もしも『いや!俺の方が楽しみにしていた!』って別の男がいたら

    そいつとはすげー仲良くなれると思います

    このシリーズで争う気はわいてこない。一緒に泣いて怒って笑いたい。そのくらい好きです

    もう、今日は久しぶりにビール飲みますわ

    ほんとお疲れ様でした

    ありがとうございました

    マジで毎日読んでます!

    • ぐっちょり中山んこさんへ

      ぐおおおおおおおおおおおおおおお

      号喜

      ありがとうございます!

      ぐおおおおおおおおおおおおおおお

      あなたには感謝でいっぱいですよ!

      Gはあなたのことですよーーー!

      書く前は「面倒くっせーーーな!」

      何てことを思っていたんです。

      「でもGさん読んでくれてるから書かな!」

      そんなノリで書いていました笑。

      「Gさんが読んでくれているうちに最終話を書きたい。」

      書いてよかったです!

      今日は素晴らしい日。

      ビールを久しぶりに飲みます。

      あなたに感謝し

      乾杯

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    もうすぐ40歳を迎える私松本XL。 顔デカ短足猫『豚まん』やその他のブログを更新しています。 猫、新宮弁LINEスタンプなど配信中!